画期的なサービス|データレスキューセンターの特徴|クラウドサービスを活用

データレスキューセンターの特徴|クラウドサービスを活用

女性

画期的なサービス

PC

ファイル転送業務というのは、企業内で行なわれている日常業務の一つです。この日常業務では、企業内における従業員同士の情報共有を、電子メールを用いて行ないます。そういった情報共有は業務を円滑に進めるために必要不可欠で、無くてはならない日常業務なのです。しかし、電子メールによる情報共有には限界があります。多くの企業は受信できる電子メールの容量に5MB以下という制限を掛けているため、その容量を超えるファイルが添付された電子メールを送ることができないのです。それでは、必要な情報を共有できないといった場面が多くなってしまいます。ファイル転送サービスであれば、そういった問題を解決することができるでしょう。

ファイル転送サービスというのは、クラウドサービスを利用してファイル転送する画期的なサービスです。このサービスであれば、1GBを超える大容量ファイルであっても効率的に転送することができるのです。大容量ファイルを受け取る側がそのファイルのダウンロードを行なう時にも、ストレス無くスムーズにダウンロードすることができるでしょう。このように、ファイル転送サービスを導入することによって、日々のファイル転送業務を大幅に効率化することができるようになるのです。